377「カバに飲み込まれてしまいそうなお手洗いがある公園」
国立市富士見台 谷保第二公園


スナバ紀行は、今回も谷保へ。

前回に続いて第2公園です。



ここの特徴は、カバの口のような、お手洗いがあることです。



体の中に飲み込まれてしまいそうですね。



遊具も揃っています。



遠くから見てもカバは目立ちますね。



こちらのスナバも一見、わかりにくいものでした。



青い縁が境界になっていました。

谷保第二公園
国立市富士見台2-21-7

カテゴリー: お知らせ | コメントする

376「谷保の住宅街にある公園1」
国立市富士見台 谷保第一公園


今回は、国立市の谷保へ。

南武線の谷保駅が最寄りです。



駅前から少し北側、谷保天満宮の反対側にあったのが、谷保第一公園です。



いろいろな遊具が揃い、子供達で溢れていました。



砂場は、地面よりも下にあって、一見わかりにくいですが、
ちょうど砂遊びに興じている子供がいました。



次回は、第二公園へ向かいます。

谷保第一公園
国立市富士見台1-23-10

カテゴリー: お知らせ | コメントする

375「三河島駅に隣接する砂場」
荒川区 西日暮里一丁目広場


今回のスナバ紀行は、三河島駅に降り立ちました。



常磐線の日暮里と南千住の間の駅です。



駅に沿うようにして、西日暮里一丁目広場が広がっています。



運動場に、遊具も揃っています。



駅を見上げるところに、小さな砂場もありました。



この近くには2016年12月に「パン屋の本屋」さんもできました。



もちろんパン屋さんもあります。

ぜひ立ち寄ってみてください。

西日暮里一丁目広場
荒川区西日暮里1-6-20

カテゴリー: ジャンル, 東京(23区あ〜さ), 荒川区, 駅前 | コメントする

374「段差を生かした滑り台の下にある砂場」
新宿区 早稲田公園


 

今回のスナバ紀行は、東西線の早稲田駅の近くです。



その名も早稲田公園。



ここの公園の特徴は、坂の地形を利用して、上段下段に分かれていることです。

二つの滑り台で繋がっています。



上段には、ブランコがあります。



上から見下ろすとこんな感じです。砂場も見えていますね。



下に降りてみると、案外広い砂場がありました。

片方の滑り台と繋がっていてその着地点になっています。

早稲田公園
新宿区早稲田南町37

カテゴリー: ジャンル, 住宅街, 新宿区, 東京(23区あ〜さ) | コメントする

373「江戸時代の狩場の休憩所にある砂場」
豊島区 上り屋敷公園


 

今回のスナバ紀行は、目白と池袋の間、山手線の外側の閑静な住宅地にある
上り屋敷公園へ。



『お上(あが)り屋敷』とは江戸時代の狩場の休憩所のことで、
今は、地名となり、この公園の名称として引き継がれたそうです。



園内中央の椋の木がこの公園のシンボルで、
周囲も円形の運動場になっています。



コンクリート製の幅広の滑り台もあります。



他にも遊具が揃っています。



砂場はシンプルな方形のもの。



ヒマラヤスギやクスノキもあって、自然に囲まれて遊ぶことができそうです。

上り屋敷公園
豊島区西池袋2-14-2

カテゴリー: ジャンル, 住宅街, 東京(23区た〜わ), 歴史, 豊島区 | コメントする