にほんスナバ紀行23 南極探検隊にゆかりのある砂場
港区海岸 埠頭公園

晴れた日に、潮風に誘われてやってきたのが、港区海岸。 首都高速1号線の下には、海岸通りがあり、まさに「海岸」。と、銀色に光るオブジェを発見。

なんとこれ、スクリューなんです。 2009年11月に海上自衛隊から港区に貸与され設置されたばかりのもの。 しかも、南極探検隊の「初代砕氷艦 しらせ」のもの。

この地は、南極探検隊発祥の地なのだそうです。

横には、こんなモニュメントも。

南極探検隊は、今から100年前の1910年11月に開南丸に乗ってこの芝浦の地を出発。 1912年1月に南極の地に上陸、同年6月に、また芝浦に戻ってきたのだそうです。 この碑は、その25周年を記念して立てられたもの。 ペンギン像は著名な彫刻家朝倉文夫によるものだとか。

そして、この碑がある「埠頭公園」には、その開南丸を模した全長25メートルの船が!

迫力満点の船が砂場の中心にあって、まるで「砂の海」に浮かんでいるようです。

船からは滑り台が延びていたり、クジラ型の遊具があったり。 船旅をする気分を味わいながらたっぷりと遊べてしまいます! こんな砂の海なら、水が苦手なスナバンでもへっちゃらです! それにしても、100年前に南極上陸を果たした白瀬矗(しらせのぶ)隊長率いる 南極探検隊のの勇気と執念、ほんとにすごいですね!

埠頭公園
港区海岸3-14-34[googlemap lat=”35.64176037535192″ lng=”139.75519180297852″ align=”left” width=”400px” height=”300px” zoom=”16″ type=”G_NORMAL_MAP”]東京都港区海岸3丁目14−34[/googlemap]

カテゴリー: ジャンル, 乗り物, 東京(23区あ〜さ), 歴史, 港区 パーマリンク

にほんスナバ紀行23 南極探検隊にゆかりのある砂場
港区海岸 埠頭公園
への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 78 砂場の海を航海できる公園港区海岸 埠頭公園 | にほんスナバ紀行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です